沢田研二

よっ! べいべー 愛し合ってるかぁーい? そんな感じでー 今回も行きますかー 沢田 研二ってき―て、みんなどんな人を想像する。おっさん? 俳優、全然しらん? 興味ない? まー人それぞれやとはー 思うけどー 俺は、日本人歌手で4人好きな男ボーカリストがいる。そのうちの一人がこの沢田 研二こと、ジュリーである。あと3人ちなみに、教えるとやなー やしき たかじん、松山 千春、Bro. Tom。変? うっせー!! ってことでー ジュリー行きます。

沢田 研二は、お父さんと同じ年齢である。54歳この人は昔、バンドをしていた。名前をザ・タイガースと言う。まー昔は、ファニーズってゆーてたけどー 夜のヒットスダジオに出たとき当時のディレクター すぎやま こういち氏(ドラクエの音楽作った人なー)にタイガースに変えろってことで変わった。このザ・タイガースは実は、2回目で書いた。ザ・スパイダースのファンクラブに入っていた。タイガースのメンバーを紹介しますとー (Vo)沢田 研二 (G)高橋 克己 (G)森本 太郎 (B)岸部 修三 (Dr)人見 稔 とまーこんな感じここでBassistに注目してもらいたい。そー そのころは、名前がちがうが、俳優の岸部 一徳である。この人芸能界デビューは、バンドマンやったんやなー この人、背が高かったから、バンド仲間の間では、サリーって呼ばれてた。魔法使いのじゃなくてー のっぽのサリーの意味、The Beatlesも、カバーしてたやろー50’Sの曲の名前。しかも、リーダーやったー まーダチョウ倶楽部でゆー 肥後ってか? そんでー今でも、内田 裕哉氏は、サリーってよんでいる。ついでに、ゆーとくとー ザ・タイガースは、内田 裕哉氏の眼に止まりデビューが決まった。シェキナベイベー!! ザ・タイガースの代表曲と言えば、シーサイドバウンドやけどー 俺は、真っ赤なジャケット、イエローキャッツ、青い鳥がお薦め!  (G)の高橋 克己氏が、抜けた後、(G)に岸部 シローが入ったがー 一徳さんの弟、そー西遊記の沙悟浄なー“兄キー兄キー”ってか?その後バンド解散・・それから、ジュリーは、一気にソロで突っ走ります。ソロデビュー曲は、“君をのせて”でもまーこんときは、まだ、タイガース解散してへんだからー 俺が思うに実際のソロデビューは“勝手にしやがれ”ぐらいからやなー そんでーこれーめっさ有名やろーこの曲、“壁際に寝返りうってー”で始まる曲、このときのジュリーの衣装がかっこええ、ハンフリーボガートの服のまねでー ハットなんか斜めにかぶって白いシャツ着てー サスペンダーしてー ワイングラス片手に唄うんー ダンディー 何?“危険な二人”からがほんまのソロの始まり? るせー 俺らの年代でそこまで、詳しいやつおらんてー へっ!!

ここでちょっとずれるけどー ジュリーは日本の歌手で一番最初に化粧をした(女の子っぽいなー)人でもある。まーこの時代イギリスでは、グラムロックってのが流行っててー T-REXとか、David Bowieとか、それを、いち早く日本にジュリーが持ち込んだわけだー(桂 ざこば風)でー俺がリアルタイムでこの人の音を聞いたのがー小学校の時ジュリーが”Tokio”を唄ってた時やなー衣装はー そーです、赤い軍服みたいな服でー パラシュート後ろに付いてるやつー わかりやすくゆーとー おれたちひょうきん族で、たけちゃんマンか着ていた衣装覚えてるー? あんな感じ。デザイナー誰やったかなー? 俺去年日本帰った時ジュリーの専属デザイナーのーファッションショー行ったんやけどー忘れたわー ええかげんやなーまーそんな俺が大好きな俺様べいべーです。ハイ・・

それから、高校ぐらいまでジュリーが、テレビ画面で唄ってるのは、見なかったがー 出てたよー でも、ジュリー肥えて来たから見る気せんだだけやけどなー でも、CDでは、良く聞いてた。ジュリーの2枚組のベストアルバム持ってたからなーこれええよー 買うべきタイトルなんやったっけなー “Kenji Sawada Best”そんな感じ?でー高校の時“夢二”ってゆー舞台をジュリーがやるって聞いたんでーまー徹子の部屋でなー竹岡 夢二ってゆー人の物語ちなみに竹岡 夢二は、津川 雅之の嫁はん名前なんやったっけー? 朝丘 雪路のおじいちゃんのお話でー このタイトル曲“夢二のランデブー”がええのよー ワルツとシャンソンが混ざった曲でなー俺高校生の時、Rockばっか聞いてたけどーさすがにこの時は、ジュリー聞きまくってたなー 連れに最近何聞いてんのー?って聞かれてもジュリーって(爆)連れなんか“はぁー?”って感じでーそれから、また、しばらくジュリー聞かんよーになったら、“Love Love愛してる”でー Yellow Monkeyのロビンがー Love Loveな曲でージュリーの“追憶”唄うやないのー それからー マッチも“危険なふたり” 唄ってたしー でーまたージュリー聞きまくりー でーこっち来てからもー まーたまに聞いてるなー? たかー 俺にとってジュリーは、麻薬といっしょ、辞めたくても辞めれやん、もう聞かんやろーって思っててもー 聞いてしまうー そんな人です。みんな一回でエエからジュリーの曲聞いてみー

この人の声からぬけられんよーになるでー ほな最後に俺が好きなジュリーの曲を書いて今回は終わりっつーことでー

“勝手にしやがれ”“追憶”“時の過ぎゆくままに”“夢二のランデブー”“危険な二人”“憎みきれないろくでなし”“カサブランカダンディー”“サーモスタットな夏”“サムライ”“ダーリング”“ストリッパー”“Oh! ギャル”“巴里にひとり”“コバルトの季節の中で”With Love!

Sweet little rock’n’roller 

沢田研二 A面コレクション

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です