Boowy

まいど! べいべー 突然やけどー 俺に音楽を教えてくれた先生がいる。その人の名前を、布袋 寅泰と言う。その人は、その昔、Boowyと言う名前のバンドを組んでいた。しかし、俺は、リアルタイムでBoowyを聞いたことがない。正確に言うと、聞いたことあるんやけどー なにぶん俺が小学校とゆーこともあって、実際覚えてないのだー まー俺が、小学校の時Boowyは、当時の音楽番組ザ・ベストテンにランクインされていたのだが、彼らは、出演しなかったのだ! 俺が、覚えてる限りテレビに彼らがでたのは、夜のヒットスタジオだけだったよーなー気がするのだがー・・まーとにかくBoowyについて、書いてみよう!

(Vo)氷室 狂介 (G)布袋 寅泰 (B松井 常松 (Dr)高橋 まこと Boowyは、ファーストアルバム(Moral)を、6人で作った。しかし、音楽性の違いから、2人脱退、諸星 アツシ、 深沢 和明 の2人、しかし彼らの名曲No.New yorkは、このファーストアルバムで生まれ、しかも、脱退した、深沢氏が、作ったことに、注目してもらいたい。ちなみに、No, New Yorkは、彼らの、ラストライヴで、一番最後を飾った曲、しかも、2回もプレーしている。ここで、気づいている人もいると思うが、ヒムロックのキョウが、京ではなく、狂になっている。そーファーストでは、ヒムロックの名前は、京ではなく、狂なのだー では、アルバム紹介

ファーストアルバム”Moral” はっきりいって、すげーPunk路線のアルバムである。俺は、高校生の時、彼らのバンドをコピーバンドをやっていた。俺のパートは、ボーカリストバンド名Teddy Boy Memoriesと言う。 俺は、このバンドをやっていたとき何故かほとんどファーストの曲中心にやっていた。何でやろー? それは、ライヴのことを、考えていてこのアルバムが、一番ライヴに適していたから、それと、愛だの恋だの唄うにはまだ、速すぎる歳だったから、とかゆーてー The Checkersのコピーもしてて、バリバリ恋の歌も唄っていたが・・

しかも、最終的には、こっちのバンドに力をいれるようーになった(笑)それは、女の子受けが良かったからー(爆)ファーストで一番のお気に入りの曲は、Mass Age この、詩がかっけーのだー“お前ら乗ろうと乗ろまいと、俺には全然かんけーねー 仕事だなんておもっちゃーいねー、お前らといっしょに、騒ぎたいだけさー”

セカンドアルバム“インスタント ラヴ”4人になって、初めて録音されたスタジオアルバム、しかも、彼らが初めて有線放送で1位になった、曲を含んでいる。タイトルはFunny Boy、お薦めの曲は、Teenage emotionとLondon Gameの、曲と曲のつながりの所

サードアルバム“Boowy”通称ベルリン初めて彼らが海外で録音したアルバム、プロデューサーに、元四人囃子の佐久間氏を、迎え完成された。アルバムお薦めの曲は、”ハイウェーに乗る前に”まこっちゃんのドラム、布袋のコーラス

まっちゃんのベースライン、ヒムロックの唄どれをとっても完璧!このころ、彼らは何処にも属さないオフィスφを設立Boowyが、Boowyらしくあるために、作った事務所

フォースアルバム”Just A Hero”このアルバムは非常にマニアックに仕上がってる。ギターの音といい、ベースのフレーズといい実にアンダーグラウンドな仕上がりとなっている。お薦めの曲は、“ダンシィング ア プレジャーランド” すげー大人の曲めっさJazzyこの曲は今までなかった、Boowyスタイル初めて聞いたとき、ん?これ、Boowy?って思ってしまった。布袋さんあなたの曲は素晴らしい。でれだけ、引き出しがあるのやらー、このアルバムでBoowyは、初めて日本武道館でコンサートを行った。そんな、オーディエンスに向かって、ヒムロックは、叫んだ!!“ライヴハウス 武道館へようこそ!!!”

5枚目は、“Just A Hero Tour” Boowy初めてのオフィシャルライヴレコードである、しかも、5万枚限定、俺もこのレコードを運良く購入したが、今何処に眠っているのやらー(はぁ)

6枚目は、“Beat Emotion” Boowy初のオリコンチャート1位のアルバムである、ご存じこのアルバムには、B・Blueが、入っているがー俺のお薦めの曲は、”スーパー・カリフラジリスティック・エクスピアリ・ドーシャス“である、そーディズニー曲のタイトルと同じタイトルである。どんな曲かって?昔オレたちひょうきん族で、さんちゃんが、バイキンガーZをやっていた時に、流れていた曲です。ん? 分かりにくくなったー?(笑)バンドをしていたときにこの名前にしたかったけどー メンバーに却下されました。ちなみにー

そして、悲しいことに次が、Boowyのラストスタジオアルバム“サイコパス”

お薦めは、”Longer Than Forever” “パーティーの後の静けさに二人転がるグラスがうその数だけ・・”こんだけ、ロマンティックな唄を唄わせて似合うのはヒムロックあなただけですー “Thank you for waiting baby I love you Forever…” とまーBoowyは、後、Last Gigs, Singlesを、出して終わります。

去年、BoowyのLast Gigsと武道館のビデオが出たらしいが、俺は、買いませんでした。なぜなら、Boowyは、ライヴに行ってこそ、生音を聞いてこそ、Boowyを感じたことになるから・・ でも、俺はBoowyのライヴに間に合わなかった世代でもーんービデオで見るのとは、わけが違う・・ I Think…

でも、Boowy魂も持った、布袋のライヴに行ったからいいんだー とわけのわからん理屈で自分を慰めたりする今日このごろ・・ おあとがよろしいようで

With Love!

Sweet little rock’n’roller

PSYCHOPATH

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です