EXTREME

ryo25
よっ!べいべー Londonへ行ってきた。今回は連れを向かえに。朝はやくDoncasterを出てヒースロー空港へ行く、sweet little rock’n’roller初ヒースロー空港へぼーっとしていると、麻薬犬を連れたガードマンがよってきて俺の体を調べ始める俺ってそんなにドラッグ持ってそーかー?

連れの到着時間より早めに着いたので、空港内のPubへ、2杯ほど飲む。そうこうしていると俺のケータイが鳴る。“ついたよー”okay. Sちゃんを拾ってB&BへGO- 晩ご飯を食べてPubへ行って寝る。

次の日London4回目にして初めてLondon Eyeへ行く。人も少なくてよかったな、頂上の景色もきれかったしなー夜は旧友ゲントとSちゃんとTapasを食べながら、サンミゲルを飲む。う・うめー次の日、この日は俺のBrother, Phillipと再会、King’s Cross の駅で待ち合わせ10分ほど駅でPhillipを待つ。

“あっ!Phillipだー”Phillipがいきなり俺に近寄り“Good see you me-n”てっテンション高すぎる少ししゃべってから3人でCamden TownのJazz Café へしかしエントリーの値段が高すぎてやめた。ってことで近くのPubへ、再会の乾杯。

今Phillipは“Folk”にはまっているらしい。音楽の話から、女の子について止まらねぇ。そんで、Phillipが俺に侍について聞いてきた“Hey, Ryo. What does BUSHIDO Mean is?”奴は武士道に興味があるらしい。俺はやつに言った。“BUSHIDO is made up 3 words. BU means, war. SHI means, SAMURAI. DO means way. BUSHIDO translates as THE WAY OF THE SAMURAI WARRIOR got it?”こんなもんやろー今度あいつに坂本龍馬の写真でも送ってあげよう。

そんな話をしながら4杯ほど飲んだ。でも、そろそろお開きだ、終電がなくなる。次回は週末にPhillipと会おうやつの踊り久しぶりにみたいしなー。“Thank you Phillip, good see you too.”次の朝は俺のギターヒーロー“Brian Jones”が眠っている街“Cheltenham”へ、この話は次回、書くこといっぱいあるからなーそんな感じで今回もいくべー

今回は、俺が高校生の時はまっていた、バンドを紹介しよう。そのバンドの名前は、Extreme。高校時代の俺は、Metal少年だった。かなりMetalの曲を聞いていた。例えば、Metalica, Megadeth, Pantera, Halloween, Running Wild, Heaven’s Gate, Skid row, AC/DC, Van Halen, White snake, Black Sabbath, U.F.O. Scorpions, Iron Maiden, Thunder, M.S.G.などなど、その中でもっともはまったバンドが、Extremeだったわけだ。

ではでは、まずは、メンバー紹介、(Vo)Gary Cherone,左から2人目 (G)Nuno Bettencout,右から2人目 (B)Pat Badger,左 (Dr)Paul Geary右の4人組バンド、このバンドはMetalバンドにしては珍しくもの凄くコーラスを大事にするバンドだった。まるで、Queenの様に、俺はコーラスの綺麗なバンドが大好きだ。日本のアーティストだったら、スパイダース、C-C-B、チェッカーズ、BOOWY, Chanelsなど。綺麗なコーラスにGuitarのリフが重なり、Drumが入り、Bassが入るんー素晴らしい。

何故Extremeがそこまで俺を引きつけたかとゆーと、それは、Garyの声、俺は彼の声が好きだった。その当時俺は、バンドをやっていた。そして俺の目指す声がふとラジオから俺の耳に入ってきた。曲名は忘れもしない“Play With Me”俺はラジオに耳を本当に押しつけた、“なんてパワーのある声なんだろう、すげー凄すぎる”そして、そこにあったメモ帳に曲名とバンド名を書いて次の日レコード屋に走った。

Extreme


1st Album“Extreme”デビューアルバム多少素人臭い所があるが、そこそこのアルバム、“Play With Me”が入っている。家で、ゆっくりこの曲を聞き返してみたら、Guitarも凄かった。いきなりオープニングからNuno(上の写真)のはやびきGuitarそしてリズム感いっぱいの歯切れのいいDrum, Bassそして、Garyのパワフルな声すげーオレ達の世代でバンドをやっていたほとんどのGuitar PlayerはこのNunoにみんな憧れていたっけ。Nunoが持っていたGuitar“N4”をGuitarist達はみんなほしがってたもんなー BOOWYの布袋君が持っていた“Hotei Model”(あの黒のボディーに白色のしましまが入っているGuitar)をみんながほしがってた様にNuno Model GuitarもGuitarist憧れのアイテムやったなぁ。

Pornograffitti

2nd Album “Pornograffitti”2枚目にして、Extreme最高のAlbum初めてのNo.1 single “More than Words”を含むこのAlbumはええ、1曲目の“Decadence Dance”からかっこええ、工場の機械をつぶす音から入って、そして、NunoのGuitarが入って、Garyの唄んーかっけーそれと当時オレ達のバンドのBassistだった、モロスケがこのAlbumの中の“Get The Funk Out”のBassラインをよくパクってオレ達のLiveで弾いてたっけ。この曲は音だけでなく、プロモーションビデオもかっこええ、Metal バンドなのにすげーFunkしてる。ここに出てくるトランペットのおっさんもかっこええしなー またこのAlbumのコーラス部分も聞き逃してもらっては困る。今まで以上に分厚いコーラス、俺が思うに6-7重は音を重ねてあるんちゃうかなぁ。それと、“More than Words”のプロモもええ、白黒の映像でメンバーが1本ずつキャンドルに火を灯していく・・・俺はこの当時これ以上の凄いバラードは作れへんのとちゃうか?って思ったぐらいええ曲。

Ш Sides To Every Story


3rd Album “Ш Sides To Every Story”3枚目のこのAlbumは1事で言って、QueenみたいなAlbum。それなりにかっこええが2枚目の時の様な勢いが感じられない、似たような曲が多いし、あんまりMetalしていないし・・でも、ここでも、コーラス部分だけは、今までのAlbumの中では最高。

では、なぜ2nd と 3rd でこんなに音が変わってしまったかとゆーとだ、これはあくまでも俺の考えやけど、この時期に“Queen”のFreddie がエイズにかかって他界してしまった。書くのを忘れたけど、ExtremeのメンバーはQueenの大ファンだった、そして92年のFreddieの追悼コンサートにExtremeは出演した。ちなみに他の出演者は(Queenの3人, Mick Ronson, David Bowie, Guns’N’Roses, Def Leopard, Elton John, Ian Hunter, Roger Daltory, Toni Aiomi, Deep Purple, Annie Lennox, George Michel etc)このコンサートでExtremeのメンバーはQueenのヒット曲メドレーをやったわけだ。20分近くしかも、ノンストップで、(これが凄くかっこええ特にQueenの1st に入っている“Keep safe your alive”が)だから、この3rd アルバムは時期的に言って天国のFreddieに捧げたアルバムやったんやないかなーって俺的には思うなぁ。

だからこんなにQueenみたいな音をしているんやろう。

Tragic Comic


4th Album “Tragic Comic”このアルバムはミニアルバムがしかしこれが結構良かったりする。Album タイトルにもなっている、“Tragic Comic”は最高、特にBass ラインがな、これも、モロスケがよく弾いていた。そしてこのAlbumにはExtremeから素敵なGiftがある、アルバムの最後に、おまけでThe Beatlesの“HELP”が収録されているのだ。この“HELP”オリジナルの“HELP”よりも1000倍ぐらい素晴らしい。(Beatles funのあなた聞いてみ)テンポ、コーラスも完全コピーやけどなんか本物より良かったぞーなんでだ?

Waiting For The Punchline

Last Album “Waiting For The Punchline”このAlbumは聞いたことがありません。だから説明できん。そのAlbumをリリースする前にDrummerのPaulが抜けて新しいDrummerが入ったぐらいしか分からん。

以上のアルバムを持ってExtremeは解散してしまった。(Vo)Garyは解散後何と、Van Halenに加入3代目Vocalistになった、それに来日もしたぞ。でもその後Van Halenを脱退してしまった。で、(G)Nunoは、ソロでそこそこ売れている。ほかのメンバーは何をやっているのか知らない。

最近Extreme復活とゆーニュースを耳にしたが、本当の所はどーでしょーか?久しぶりにGaryとNunoのコンビを見たい気もするが・・・

Love

Sweet little rock’n’roller

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です