はじまり

ホームページに何かを書くって、緊張するなぁ。誰にもこのアドレスは教えていないので、見る人もいないはずなのに、緊張する、変な気分。こういうページ作っている人って、同じなんかなぁ。でも、すごい時代やわ。こうやって、一個人が世界に向かって、何かを発信することができるんやから。(ちょっとおおげさか) でも、人気のある人のページなんか10万人以上が見てるんやから、下手な雑誌よりは、影響力というか、何かを伝えられることになる。ほんますごいわ。

今、自分はスコットランドのスターリングという田舎に住んでいるのだけれでも、何かここでしか感じられないこととかを自分自身が整理する目的で、このページを創ってみたんだけど、何かそれ以上のものを得られそうな気がしてきた。ちょっと、がんばってみよう。中田英寿さんのページをよく見るけれども、あの人なんかは見られることを意識して、書くんだから、一回のメッセージ書くのに色々気を使ったりして、時間かけまくってるんやろうなぁというのが、自分がいざホームページを作ってみて、わかった。世の中そんなもんやろうなぁ、何でもやってみないとわからん。

3年程前に、ヨーロッパ旅行をしたとき、そこで知り合ったイタリア人と富士山の話になった時、何にも富士山のこと知らないと思って、かえって3日後ぐらいに上りに行った。その時初めて知ったことは、富士山は遠くから、見るときれいだけど、いざ登ってみると火山灰とかでけっこう汚いということだった。休火山だから、当たり前なんだけど、登ってみてはじめて気づいた。やってみないとわからないこと、見ないと見えないことってけっこうあるよ。こんな感じで、書いていくよ。がんばれ、勉強。(いちおう大学院生やし)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です