LAST SAMURAI

takao.40

1月18日

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さて、皆さんはクリスマス&正月はどうでした?俺は寺でダンスパティー以外は上の写真でかっこいいシャツ着てる中学時代からの友人ワタと遊んだりしてました。93を吸ったりして。日本は結構暖かかった。そう、俺が毎年クリスマス辺りに日本に帰るのはクリスマスから正月に掛けての「駆け抜ける感」が好きだから。そして「すれ違う恋人達感」「ダッフルコート感」その他もろもろ日本のクリスマスって何か人を切なくする力を持ってるなー、とか思ってたのも今回は天気のせいでダメだったね。やっぱもうちょっと寒くないと。温泉に行ったんだけど、むしろそっちの方が寒くてクリスマスっぽかった位だから。

まあとにかく今年はそろそろモテてーなー。

えー、スコットランドに帰って来てから1週間。実はその間はまってたものがある。完全に遅れてるかもしれないけど「The Last Samurai」はイギリスでは2週間前に上映開始になったばかりで、先週グラスゴーのUGCってゆー映画館に観に行ってきた。1人で。で、この季節って結構良い映画多いよね。去年の今頃は「8Mile」を見に行ったような気がするし。ただその時は客が俺を含めて3人位しかいなかった様な気がする。で、今回もグラスゴーは東京じゃあないから満員にはならないだろうと思って余裕で行ったんだけど、5時上映予定のを観に5時ピッタリに映画館に行ったら、満員で次のじゃないと無理、との事。

次のは8時上映で待つのは嫌いだから諦めて家路に着く、、、、、、、なあーんて俺じゃない!今年の俺は侍!つまり俺は俺である事を誇る、、、つまり侍!!ってことで待つ事決定。。。

大雨が降ってたのでグラスゴーの街中をダッシュ。俺はユアン.マクレガー。
takao.41

takao.42

で、ボーダーズという本屋で本を買って、その本屋に入ってるコーヒー屋で少し休憩。

こういう余計な待ち時間があると変に映画はどんなもんかと気になって、緊張したり。

で、待つのがだるくなり早いけど映画館に特攻。バーで一杯。で、いい感じにテンションも上がってきた(1人なのに)。なりふり構わず行く。入ってみると結構早い割には何人かの輩がいる。残念ながらNedsはいない。中国人の家族連れがいる。メンチ切っとく。嘘。

そうこうしてると人がゾロゾロ入ってくる。で満員になる。いよいよ緊張してくる。でも何故か映画が始まる前の音楽でearth wind & fireのlet’s grooveがかかる。踊ってる。

映画が始まる。。。

最初っからやられたぜ!!!まずキャストなんだけど俺はトムとナベケンさんが出てる位しか知らなかったんだけど(映画を観る前の段階では)、実際に観てみると結構色々出てるね。膳ウィスキーの真田でしょ。で、斬られ役の福本。ヤクザの中尾。その他。

で、俺が特に嬉しかったのはスコットランド人のコメディアン、ビリー.コネリーが出てた事。相変わらずスコティッシュの訛りバリバリ(表現古いか)。しかも結構面白い台詞を言って相変わらず客を沸かせてた。でさあ、この映画は日本にいる輩、特に英語圏の海外に出た事のある人等は字幕無しで観てみると面白いと思うよ。何故ならベースが日本の物だから結局いくらハリウッド映画でも伝わる感動とかは一緒だと思うし。俺が観た時は勿論字幕は無くて、その代わり日本語に字幕が付いてるって感じだけど、もしも俺が英語そこまで出来なくても絶対伝わる感動は一緒だと思った。物語もケヴィン.コスナー君が出てた「dancing with wolves」に似てる感じでわかりやすかったし。


ビリー.コネリー。          

takao.44
こっちは小雪。けなげさにやられた。

そう。あとは英語の違いも聞いてて面白いと思った。だってアメリカン、イングリッシュ(これは太った通訳兼物書き&ナレーターの人ね)、スコティッシュ(コネリー)、最後にジャパニーズ。計4つの違ったアクセントが混ざってるわけだから。ちなみに日本人の中で英語が綺麗に出てきてたのはやっぱナベケンさん。あと明治維新側の官僚役で出てた髭がクルッてなってたオッサンは話し方がポッシュで上手かった。逆にこいつはセンスねえなって思ったのは明治天皇役で出てた歌舞伎役者みたいな輩。ぎりぎりアウトです。でも英語ペラペラの日系アメリカ人を使うとか、英語の出来る香港人に日本人の役を与えてってゆーオリエンタル映画にありがちな「逃げ」に走ってなかった事は映画界にとっても前進じゃないかなー、なんて勝手に思ってます。

で、「The Last Samurai」を観た人はどのシーンが一番好きだったでしょうか?この映画、CGは一切無いけどカッコいいシーンが多いと思ったのは俺だけではないはず。多分こっちで一番受けてたシーンはガキがトムに向かって面白い顔してた時かな?後トムが浴衣着て、、、ってシーンもかなり受けてた。後はカッコいいシーン。色々あるけど基本的に古風な侍役が似合ってた真田が出てくるシーンは全部良かったような気がする。後は忍者が出てくるシーンとかもこっちでは「WOW!!」3つって感じだった。まあ俺が一番好きな場面は侍が登場してくる場面なんだけどね。カッコよすぎ。カッコおすぎもビックリ。

takao.45
それにしても濡れ場は全然無かったですね。これも日本の美学なのかな?

えーまあそんな感じです。また観たくなってきた。俺ね、2日連続で観たんですよ。で、2日目は2回観たから結構末期症状な状態に陥ってたなーって感じです。でも何が良いのかと訊かれると何なんだろう?俺は日本人だぜって事でしょう。俺にも侍の血が流れてるんだよ、と。そう勝手に思い込める所。

「The Last Samurai」の存在を初めて知ったのは実は冬に日本に帰ってた時です。

俺は昔よくラジオを聴いてたんだけど、その頃はJ-wave(FM81.3ですね)の夜中は2時位から毎週末にかかるhip-hop journey da cypherってゆー番組を聴いてた。この番組はもう無いけど、今でもその流れでJ-waveを日本に帰る度に聴くわけだ。その中に深夜ら辺から放送されるsoul trainってゆー番組で司会のリュ-って人が例の映画の話をしてた。

「これは日本人なら絶対観た方がいい。いや、絶対観ろ!!」いいねーチャンバラ映画。

そんな感じで知った。だからリュ-さんには感謝しないと。でも1つ言っとこう。彼は

「邦題をラストサムライからザ.ラストサムライにするべきだ。ラストサムライは何人もいるわけではなく、ただ1人のはずなのだから。」と言ってたけど、俺はこれはこれでいいんじゃん?って思う。結局最後に残るのは人としての侍じゃなくて魂としての侍だと俺は思うし。で、人が残ってもそこには底辺として最後まで最後の侍集団として明治維新軍

(散切り頭を叩いてみれば文明開化の音がする)を相手に戦った野郎共からの受け継がれた侍の魂があるわけだし。要は、、、だからラストサムライでいいよ。

takao.46

takao.47

さて、わけのわからない事をマジで語ってしまったが「The Last Samurai」は日本人であるなら観た方が良いよ。これは本気でそう思う。だって考えてみれば日本人って自分が日本人であることを誇りに思ってない輩ばっかでしょ?実際俺もこっちに来る前はそうだったし。ブライアンもコラムで言ってたけどグッチの袋なんか持ってんじゃねえ!!!!

俺、何気に新しい眼鏡はグッチだけど、、、そうゆう問題じゃない!!!!!!!!!!!

まじブランド物の袋で自分の体が隠れる様になったら人生やめたほうがいいって。だっておかしいもん。海外に住んでるものとして、そういったアホな日本人がいる事によって俺等と極端なステレオティピカルな考えを持った奴等との距離が開いてくって事実、ホントにちょっとは考えて欲しいもんだ。じゃないと日本人は金持ちでありながら永久に異国の人等から見下される人種になるに決まってるから。

ってまたマジに語り過ぎた。新年早々飛ばし過ぎだな。

まあ今年もお互い頑張りましょう。テーマは決まりましたか?

俺は申年、年男らしいので年男らしく年を上手くとっていきたいなー。

つまり侍!今年の俺は侍!!誰が何と言おうと侍!!!

今年は下駄を履いてグラスゴーを闊歩するぜ!なんたって侍だからな!!!!!!

じゃあまた!!PEACE!!!

ラスト サムライ 特別版 〈2枚組〉 [DVD]

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です