World Cup

6月14日  曇り時々雨

日本と韓国が勝った。どっちもおめでとう。
ポルトガルとロシアは残念でした。
とりあえず今年にこの国に旅行に行こうと思ってる人達、やめといたほうがいい。

ロシア戦の後は日本人がボこられたし。
奴等にとってアジア人はみんな一緒だから。

かと言ってヨーロッパ人から見た他のヨーロッパ人も区別すんのは難しいけど。
何年か前にイングランドのサポーターがロシア人を殺したことがあった。
彼等はこのロシア人をドイツ人と勘違いしてたらしい。これは最低だわな。

ベスト16の表を見て思った。雑魚っぽい国ばっかじゃん。

ポルトガルはかわいそうだった。2枚目のレッドは特に。
次の韓国の相手のイタリアも審判相手にてこずるでしょう。

日本の次の相手は昨日の予想が当たってトルコ。
今日はトルコ人が働いてるケバブ屋に行ってきました。
トルコ人はいい感じの人です。陽気です。顔が濃いです。
日本対トルコが終わったら、また行ってきます。

ちなみに今日はトルシエ采配に限る。モリシと市川、良かったな。
マンオブザマッチは中田でしょう。一点目の起点になるパスと2点目のヘッド。
その他にも良いパスがいっぱい通ってたし。守備も頑張ってたし。

明日はイングランド対デンマークです。注目のカードです。
個人的にはイングランドが勝つと思うけど、予選を通じて良いサッカーをしてるのは間違いなくデンマーク。
見所はデンマークの両サイド、グロンキア(チェルシー)とロメダール(PSV)でしょう。
彼等はスピードがあることから、ライトニングボルトって言われてるらしい。
でもね、今日セルティックのマーティン・オニール監督が言ったたけど、もう一人鬼の速さの奴がいるわ。
レンジャースのピーター・ロヴェンクランズ。左です。相当速いです。
デンマークでは控えだけど、レンジャーズではもう活躍しまくりです。
ハイライトはスコティッシュカップの決勝、セルティック戦。一人で暴れてたわ。
まあもし明日デンマークが負けてたら出てくるでしょう。楽しみです。はい。

もう一試合のドイツ対パラグアイは結構どうでもいいです。

今日はもう書く気が湧かないからこれで。じゃあね。

 

 

6月16日 晴れ曇りそして雨

スカイ島には行けませんでした。明日になりそう。
でも2年ここに住んでて初めてスターリング城に行った。
城近辺はスターリングじゃないみたいだった。
なんか観光地独特の雰囲気があった。景色もE。

今度は散歩にでも行ってきます。

今朝は7時起き。目当てはスウェーデン対セネガル。
両チームともベストメンバーではない。
スウェーデンはアーセナルの優勝立役者のトサカ男、リュンベルグ。
セネガルはキープレヤーのファディガとディアオがいない。

残念なことに、開始1分くらいで寝についてしまった。なんでだろう?
多分昨夜ちょっと慣れない人達と飲んでる時に無意識だけど神経をつかったからだと思う。
自分は人見知りがちょっとあるらしい。シャイでもある。照れ屋でもある。いっしょか。

まあ不覚にも寝ちゃったわけなんだけどさあ。
自分のサッカーを感じる6thセンスみたいなのは起きてたわけだ。
しかも普段より鋭かった。

ラーソンのゴールの3秒前に起きる。見た。また寝る。
カマラの同点ゴールの1分前に起きる。見た。また寝る。
スヴェンソンのくるっと回ってシュートを打ったやつがポストに当たるのも見る。
ちなみにあのジダンのやつですね。あれはマルセイユ式ルーレットって言われてるらしい。

そっからは起きてました。カマラのゴールデンゴールも見ました。
内容は良く覚えてない。でもいい試合だったっぽい。今夜ハイライトでチェケっときます。

悲しいのはラーソンが代表からの引退を表明した事。
セルティックで活躍してる彼はスコットランドではかなりのヒーロー。
今大会、スウェーデンを応援してたスコットランド人も結構いたことだろう。
ラーソンはこれからどうするんだろう?今度会いに行こうかな。

スカイ島の話が一段落してフラットに帰ってくる。
髪の長い人がリーズで買ってきたカップ麺を喰おうって話になる。
天ぷらそばときつねうどん。どっちがいい?
自分はそば、タカはうどん派だった。関西の方はうどんなんだって。

そのそばをすすりながらアイルランド対スペインを見る。
開始早々レアル・マドリーのモリエンテスにヘッドで先制される。
その時自分の坊主頭をよぎったのは「ドイツ戦っぽくなるかも」ってこと。
実際アイルランドは後半に2回PKをもらう。
一回目はリーズのイアン・ハートが止められる。ああもうダメかあ。

二回目のペナルティを与えた今日のレフリーは偉い。勇気がある。
何故かってゆーと、まずそのPKは二つ目であるってこと。
あとはユニフォームの引っ張り合いが日常茶飯事でファールだとしてもファールを取りにくいから。

ロビー・キーンが決める。この時点でスペインは中心選手のラウールやモリエンテスを変えた後。
だからアイルランドに勝つチャンスが来たわけだ。
でもサッカーってそんな単純じゃない。アイルランドは延長戦の主導権を握ってたけど。

PK戦にもつれ込む。アイルランドは3人が外す。スペインも2人が外したけど最後はメンディエタが決める。
スペイン、おめでとう。メンディエタ、この大会をきっかけに復活しろよ。

アイルランドは負けはしたけど彼等のサッカーは熾烈な予選を勝ってきたってのは運じゃない、
それにロイ・キーンだけのワンマンチームでもないっつーのを物語ってた。
ちなみにワールドカップで彼等は4試合戦ったわけだ。
そのうちサウジ戦を除く3試合が先制されてから追いつく試合展開だった。
しぶといチームっていいなー。

さて、明後日は日本戦です。トルコ戦です。
スカイ島で声を張り上げることになりそうです。

っつーか日本戦見れんのか?それが一番の心配だったりします。       じゃあ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です